貧乏ギャンブラー

実生活や、動画では言えない弱音、現状、本音、愚痴などをメインで書いていきます。

スポンサーリンク

ダムカードにロマンを感じるので、今後収集していきたいと思います。

今晩は。Mr.Sです。

 

今回は、またダムについて話していきたいと思います。

 

今までYoutubeの旅チャンネルの活動で、公園、観光地等を主に撮影してきました。

今後は、それにダムというジャンルも追加していきます。

つい先日も2件目のダムに行ってきた記事を書きました。それがこちら↓

 

上記の記事で、ダムに行く理由等書いてますので良かったら見てください。

そして、実は1月5日に記念すべく人生最初のダムカードを貰いに、彩湖という人工湖に既に訪れていました。

そして、その模様を撮影した動画をこの記事の最下部に掲載してます。

記事を読み進めていって、最後に合わせて見て頂けると嬉しいです(´ω`*)

 

そしてここからが本題なのですが今後、ダムの知識を知ってて収集するのと、知らないで収集するのとでは今後の活動の中身の充実度や、モチベーションにも関わってくると思うのでまずは、調べて記事にしていくことで基本的な知識として今から、自分の中に落とし込んでいきたいと思います。

※、ちょっとマニアックな内容となるかもしれませんので、興味ない方もいらっしゃるとは思いますがご了承ください。

※、自分なりに解釈してなるべく短くまとめているつもりです。詳しい人が見たら指摘したくなる部分も多々あると思います。 

ダムは何の為にあるの?

主に、治水・利水・発電をする為にあります。

治水とは?

 台風や梅雨などによる大雨から、川の氾濫・決壊を防ぐために水量を調整すること。

利水とは?

田畑や飲み水等の生活に必要な水資源を確保したりすること。

 発電とは?

ダムの高低差を利用して、水の勢いで水車を回し、その回転で発電機を動かすことによって発電する水力発電のこと。

 ダムの種類

ダムには、どういった種類があるか調べてみました。結論から言うとかなり種類あります・笑

もし、私がダムにロマンを感じてなければ、ここから先は調べることはなかったでしょう・笑

というぐらい種類があります(;´∀`)

アーチ式コンクリートダム

一言でアーチ式と言っても、色んな型のアーチダムが存在している。一般的にアーチ式で建設する理由として最も少ない量のコンクリートで建設できるという経済的利点がある。その代わりに、アーチ形状に伴い両端の基礎岩盤に莫大な圧力がかかるので、それに耐えうる場所に建設は限定される。

重力式コンクリートダム

 アーチ式と違って、一般的に直線型で上流の水圧を受ける型式のダム。膨大な量のコンクリートで建設されており、ダム自体の重さで水圧に耐えるのがこのダムの特徴。ダムの中でもっとも頑丈な型式のため、地震や降水量の日本には最も適している為、この型式のダムが最も日本には多い。

アーチ重力式コンクリートダム